ナース求人の必要性

2014年10月12日 / 未分類

私は、ナースではありませんが医療関係の資格を持っていて、専門職として働いています。そして私は現在、総合病院で働いています。同期入職者には、看護師もたくさんいて、薬剤師や臨床検査技師やレントゲン技師の方たちもいます。総合病院で勤務をしていると、ナースと患者のやり取りが目についたり、患者さんからナースへの愚痴だったり注文を耳にする機会が、結構たくさんあります。患者さんからナースへの愚痴や注文でよく耳にする内容としては、毎日決まった時間に検温に来てほしいとか、はやくオシッコに連れていってほしいとか、オムツを早く変えてほしいとか、毎日忙しそうに看護師さんはしているので要望があっても声が掛けにくいとか、ナースに声を掛けると、ちょっと待ってくださいとか、後にして下さいと怖い顔で言われたとかです。たしかに、病棟にいる看護師さんは、いつも忙しそうにしていて、日々の患者さんの検温だったり点滴や採血に加えて、食事の介助に入ったり、患者さんの体拭きをしたり口腔ケアをしたり、カルテ記載や申し送りや、急に患者さんの状態が悪くなったりしたら、その患者さんにつきっきりで医療行為を行わなければなりません。そのため、毎日病棟を急かしく動き回っています。ナースの人数が少ないと余計に大変なので、ナース求人の必要性があります。また、最近では介護を必要とする高齢者の方が増えているので、昔よりも更にナース求人の必要性があります。少子高齢化社会が進む中、今後ますますナース求人の必要性は高まると考えられています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る