ナース求人状況について

2014年10月12日 / 未分類

ナース求人状況、看護師の求人状況について考察してみる。昨今看護師不足がさかんにマスコミなどで取り上げられているように医療・福祉の専門職の不足が顕在化が取り沙汰されている。これはさまざまな側面から考えることができるが、ひとつの理由としては現代日本の人口動態が考えられるであろう。現代日本は超高齢化社会といわれ、現在急速に高齢化が進展している。これは日本の医療の高度化や日本人の人口構成で一番のボリューム層である団塊世代の高齢化、また日本人の晩婚化や独身世帯の増加などが考えられているが、この高齢化のスピードは、全世界の人類が歴史上経験したことのないスピードだといわれており、国としても緊急の課題である。いずれにせよ2025年の高齢化ピークには日本人の4人にひとりが65歳以上という高齢者が非常に多い国になると予測されている。このような高齢化社会においては医療サービスの充実が非常に重要であり、その点からナース求人状況が非常に需要過多となっていると考えられる。そして第二に考えられるのが、過疎化の問題であろう。現代日本において都市への人口流入、逆に農村などの郊外の過疎化が問題となっている。都市部では高齢化については進展があまりないがそれ以外の地域では急激な過疎化と高齢化が進んでいる。そんななかそれらの地域では医療サービスの充実が必要となっているが、逆に労働者人口の減少があり、ナース求人状況について需要が増大している。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る