すぐに退職したい場合

2014年10月12日 / 未分類

ナースの転職活動につきましては、基本的には現在の職場で働き続けながら行うものになっています。仕事を辞めてから転職活動をするのもいいのですが、転職活動が長引きますと、無職期間も長引きますので、非常にリスキーな状況になります。それではいけませんので、働きながら転職活動をするケースもあります。そういった場合についてなのですが、内定を出す条件としてすぐにでも仕事をしていただきたいというものがある場合もあります。しかし、現状で仕事をしていますと、そういったことはなかなかできません。ですので、そういった時はどうしたらいいのかがナースの転職のポイントとなります。そこですぐに退職したい場合のナースの転職のポイントについてなのですが、基本的に注目していただきたいのが、2週間という数字です。その2週間なのですが、実は決められているものです。退職したい旨を直属の上司に伝えます。書面やメールなどでも伝えることは可能です。それをつたえましたら、制度上では伝えてから2週間後に退職をしていくことが可能になります。しかし、これはリスクのある方法でもあります。就業規則もありまして、認めていただけない場合もあります。やはり急な転職になるというようなことではなく、時間の余裕のあるような転職活動をしていくのがお勧めです。ナースの転職のポイントとしまして2週間という数字は知っておきつつも、そういった知識は生かさずにきれいに転職していかれるのがお勧めです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る