転職の際の引き継ぎ

2014年10月12日 / 未分類

ナースの方で転職が決まりましたら、最後に行う作業があります。それはいま働いている職場で行う最後の業務とも言えるでしょう。これは非常に大切なナースの転職のポイントになります。ですので、ナースの転職のポイントとしてしっかりと頭に入れておきまして、転職をする時に生かしていくべきです。そこでそのナースの方で転職が決まった後に最後に行う業務なのですが、いわゆる引き継ぎ業務というものです。いままでの仕事を引き継ぐ必要があります。自分の働いていたところに新しく入る方がいますので、その方にどのような業務をしてきたのかを伝える必要があります。もう転職が決まってということで、いまの職場はもう関係ない、と思ってしまう方もいますがそれではいけません。医療系というのは非常に転職の多い存在になっています。ですので、いまの職場で一緒に働いていた方が、まわりまわって同じ職場で働くということもあります。その時にやはり気まづくなってしまうのはいけません。そういったこともしっかりと考えていくことがお勧めになっているというわけです。そこでナースの転職のポイントとしての引き継ぎなのですが、具体的な部分を申しますと、例えば文章などでしっかりと残しておくということもお勧めです。言葉などだけでは、引き継がれた方もうまく把握できないことも多いです。ですので、しっかりと内容が分かるように文章化やグラフ化などをしていくのもよろしいでしょう。結果的にスムーズに引き継ぎが行われやすくなります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る